1. TOP
  2. 知らないと損をする!?いまさら聞けない日焼け対策の常識!!

知らないと損をする!?いまさら聞けない日焼け対策の常識!!

 2016/08/19 美容
この記事は約 9 分で読めます。 2,827 Views
夕日と女性

1年のなかでもっとも紫外線の影響を受ける季節です。

紫外線対策は日焼け止めだけ。と言う方も多いのではないでしょうか。

『以外に知られていない、日焼け止めの選び方』から今さら聞けない『日焼け対策の常識』を紹介します。

あなたが今やっている日焼け対策にプラスするだけで、日焼けしらずの肌美人になれますよ。

 

日焼け対策は1年中必要??

麦わら帽子をかぶる女性

出典:http://data.whicdn.com

 

日焼け対策は春から秋だけ。と思っていませんか?

日焼けの原因になるし紫外線は1年中、降り注いでいます。

しかも、曇りの日でも紫外線は降り注いで私たちの肌にダメージを与えています。

また室内や車内だから安心と言うわけでもありません。ガラスを超えて紫外線は降り注ぎます。

 

またスキーやスノボーをされる方は更に注意が必要です。

冬の雪山は夏の浜辺の照り返しの4倍反射します。

そのため弱い紫外線でも肌の出ている部分は焼けてしまうのです。

 

見落としがちな紫外線対策方法をチェックして、夏の厳しい日焼けからうっかり日焼けまで対策しましょう。

 

日やけ止めの正しい選び方

照りつける太陽

出典:https://pixabay.com

 

日焼け対策には日焼け止めが欠かせません。

日焼け止めの製品の表示の意味を知っていますか?

ただ数字の大きなものを選ぶだけではなく、シチュエーションに応じて正しい日焼け止めを選びましょう。

 

■紫外線の種類

日焼けの原因となる紫外線には3種類あります。

その中でも私たちに影響するのはUVAとUVBという種類です。

 

・UVAとは

UVAは地上に降り注ぐ紫外線の約95%を占めます。

私たちの肌への影響はすぐにないものの、肌の奥の組織まで浸透し細胞に影響を与えます。

そのため、将来シワやタルミの原因になります。

また曇りや雨の日でも雲を通り抜けて地上に降り注ぎます。

また窓などガラスを通り超えて私たちの肌に浸透します。

UVAは肌を黒くさせる作用もあります。

 

・UVBとは

UVBは地上に降り注ぐ紫外線の残りの約5%です。

占める割合こそ少ないですが、日焼けした時の赤みやヒリヒリした感じなど、

日焼けしてすぐに炎症を引き起こす紫外線です。

パワー自体が強いため肌の表面に影響を及ぼし、シミやソバカスの原因を引き起こします。

しかし、浸透率は弱く曇りの日や雨の日など天候が悪い場合は、肌への影響は少なくなります。

 

■SPFとPA+

日焼け止めを購入するとき、数字ばかり気になっていませんか?

実は数字だけでなく+で表示されている部分も選ぶときに重要なポイントです。

 

・SPFとは

SPFはSun Protection Factorの略で、UVBによる日焼けを防止します。

SPAは2から50まであり50より高い効果がある場合50+で表示されます。

また数字にはUVBを防止以外にも紫外線が当たりだしてから日焼けしてしまうまでの時間を

何倍遅らせることができるかと言う意味があります。

人によって個人差がありますが日焼けするまでにかかる平均の時間は

だいたい15分から20分と言われていいます。

SPF30の日焼け止めを塗った場合『15分から20分かけるSPF30』で

日焼けまでにかかる時間を450分から600分に延長できる。と言う意味になります。

数字が大きければ大きいほどUVBによる日焼けを防止して、

日焼けするまでの時間を延長する効果があります。

 

・PAとは

PAはProtection grade of UVAの略で、UVAによる日焼けを防止します。

PAと一緒に記載されている+の数が多いほどUVAによる日焼けを防止します。

現在ではPA+、PA++、PA+++、PA++++の四段階あります。

 

・注意事項

『SPF20 PA+』の日焼け止めと『SPF50 PA++++』を混ぜて使用すると

『SPF50+ PA+++++』になる。と勘違いされている方もいますが、

混ぜて使用しても効果は+になりません。

効果が高い『SPF50 PA++++』の日焼け防止効果があります。

海辺の水着女性

 

■日焼け止めの選び方

紫外線と日焼け止めの表示の種類が分かったところで、それではどの日焼け止めを選べばいいのでしょうか?

効果なもの、数値が高いものを選べばいい。と言うわけではありません。

時期や出かける場所、シチュエーションに合わせて日焼け止めを選びましょう。

 

一般的には下記のように使い分けます。

日焼け止め選び方ガイド

出典:https://www.kose.co.jp

 

・SPF10前後/PA+程度:

散歩・買い物・洗濯物干し通勤、室内など

紫外線を浴びる時間が少ないシチュエーションに効果的

 

・SPF10~30/PA++以上:

屋外での軽いスポーツ・レジャー。ジョギングなど

1時間未満の外での活動で効果的です。

 

・SPF30~50+/PA++~+++:

リゾート地でのマリンスポーツやスキー、炎天下でのレジャーなど

1時間以上外で活動する場合に効果的です。

 

・SPF50+/PA++++

海外旅行に行かれる際は、赤道や標高によって紫外線の強さは変わってきます。

太陽に近く赤道に近い地域、とくにネパールやチベットなどは日本に比べて紫外線が強いとされています。

そういった海外へ行かれる方、より高い安心を求める方にお勧めです。

 

これに加えて夏の時期や激しく運動するときや海やプールに出かけるときは、

ウォータープルーフのものを選びましょう。

※紫外線は水の中まで降り注ぎます。

また、紫外線が弱くなる冬は特にUVA対策が必要です。

SPFは弱くてもPA+は表よりも高いものを使用しましょう。

紫外線グラフ

出典:http://www.jcia.org

 

正しい日焼け止めを使用していても塗っている量が少なかったり、

ムラがあると十分な日焼け対策ができません。

またウォータープルーフであっても衣服の摩擦が原因で落ちてしまうことがあります。

そのため少なくても2、3時間おきを目安に塗りなおすことをお勧めします。

 

日焼け対策グッズの注意事項

日避け対策

出典:http://data.whicdn.com

 

日焼け止めと併用して使用することで日焼け対策を強化するのが日傘などのグッズです。

最近では日傘だけにとどまらず、腕につけるグローブや帽子、衣類にも

UV加工が施されたものが増えています。

しかし、あなたが持っているUV加工製品は永遠にUV加工効果が続くと思っていませんか?

じつはUV加工効果は寿命があり、効果は2年~3年と言われています。

3年以上使用する場合は効果がなくなってしまうので、日焼け対策で使用する場合は買い替えをしましょう。

サングラスのUV加工も例外ではありません。

サングラスのUV加工にはスプレーで加工しやものとレンズそのものに埋め込んだタイプがあります。

スプレー加工などは安いものに多くコーティングがはげやすくなっています。

そのため定期的にサングラスも見直しましょう。

 

それでも日焼けしてしまった時の緊急対策『食事編』

並んだ果物

出典:https://pixabay.com

 

日焼けをしてしまったあとは、肌に残っているメラニンを古い角質とともに排出することが大切です。

しかし、肌は生まれ変わるまでに約1カ月かかります。

だからこそ、肌の生まれ変わりを促進する食事を心がけ、体の中からメラニンを排出しましょう。

日焼け後の緊急対策に効果的とされている栄養素は

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミンです。

 

■ビタミンAは緑黄食野菜に多く含まれており、抗酸化作用で日焼けした肌の老化を防ぎます。

 

■ビタミンCはメラニンの過剰生成を抑制する働きがあります。

そのため日焼けするまえから、日差しが厳しい時期は多く摂取するように心がけると、

日焼けの防止もできます。

しかし、ビタミンCには思わぬ落とし穴もあります。

ビタミンCと聞くとレモンやオレンジなど柑橘系の食べものが頭に思いつきませんか?

もちろん。ビタミンCを多く含んだ食材です。

ただし柑橘系の食べ物ときゅうりは、朝と昼は避けるようにしてください。

なぜならこの食材にはビタミンC以外にソラレンという栄養素を含んでおり、

食後2時間ほどたつと紫外線を吸収してしまう成分なのです。

肌の回復のために食べたものが、日焼けの手伝いをしてしまいます。

そのためビタミンCの摂取には時間帯によって注意が必要です。

ブロッコリーやイチゴ、キウイなどもビタミンCを多く含んでいますので、お昼頃までは

このような食材を摂取するのもよいでしょう。

 

■ビタミンE

肌の新陳代謝を促進し、肌の生まれ変わりを助けます。

アボガドやナッツ類、大豆製品に多く含まれています。

ビタミンCと一緒に食べることでより効果を高めることができます。

 

まとめ

青い海と水着の女性

出典:https://pixabay.com

 

あなたの日焼けグッズはどうですか?

季節やシチューエーションに合わせて、日焼け止めやグッズを選びなおすことで、

1年中美肌が手に入ります。

そこに食事を加えることで、紫外線を怖がる必要もありません。

あなたも、ぜひ今日から試してみてください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ライン@で綺麗になれる無料情報配信中!♡

スマホから現在アクセスしてる方は下記から

https://line.me/R/ti/p/%40kwi8288d

PCの方は@meicoで検索してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

\ SNSでシェアしよう! /

MEICOの注目記事を受け取ろう

夕日と女性

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MEICOの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

meico

コメント

  1. klaxxcha より:

    日焼け対策は行っていたつもりでしたが、知らないことが多く学びになりました。
    いつまでも白い肌でいたいので、SPFに気を付けて化粧品を選んでいきたいと思います!

  2. zuni より:

    日焼けにはとにかくビタミンCが有効、と思っていましたが、摂る時間帯が重要なこと、UV対策商品に寿命があることなど、知っているつもりで実は不十分な知識がはっきりしました。日焼け対策は年中必要ですね。

  3. boxfield より:

    日焼け止めと併用して使用するグッズにも、寿命があるこを初めて知りました。
    サングラスや日傘も定期的に交換しないと行けないんですね〜。

  4. cocousagi より:

    改めて日焼けについてよくわかった気がします。食べ物に関しては、きゅうりまで紫外線を吸収してしまうなんて知りませんでした。夏は特に口にする野菜なので気を付けようと思いました。若い頃はあまり気にしませんでしたが、やっぱり歳と共にシミなどが気になりだしてきてます。しっかり日焼け対策をしなければいけませんね。

  5. かち より:

    日焼けは、夏だけの問題だけではありません。近年は一年中紫外線が強いため、季節を問わず対策は必要であると感じました。

  6. かち より:

    近年は、日焼け止めも種類が豊富で従来のクリームタイプから、スプレータイプにも様々あります。日常のシチュエーションにより選ぶ必要があると感じました。

  7. risa-05 より:

    一年中日焼け対策が必要で軽いお出かけでも焼けてしまうとのことなので日焼け止めは欠かせないと思いました!
    またウォータープルーフでも服の摩擦で落ちてしまうのは知らなかったのでこれから気をつけなきゃいけないなと思いました。日焼け止めも肌に負担がないようにシーンに合わせて変えたり塗り直したりしていきます!

  8. acococo より:

    SPFやPAって、日焼け止めにかいてあって、数値が高いほど効き目があると、思っていました。
    シュチュエーションにあわせて、変えた方がいいんですね。
    冬は油断して何もしていませんでした。

  9. jnyi725 より:

    日焼け止めのSPFなどの行はだいたい知っていることでしたが、きゅうりを朝食べるのは紫外線吸収の手伝いをしてしまう、というのは初めて知りました。毎朝のように食べてました…

  10. 373sec より:

    冬でも紫外線が降り注いでいるのって怖いですね。
    知らないうちに日焼けしてそう。
    日焼け止めやグッズを上手く活用して紫外線から身を守ろうと思います。

  11. ぴぐさん より:

    ウォータープルーフの日焼け止めを塗っていれば海や山でも安心!と思っていました。汗をかいたりしてタオルで拭いたりしたときはこまめに塗りなおさないといけないんですね。とってもためになる記事でした。

  12. emilien より:

    紫外線避けに賞味期限があったなんて、全然しりませんでした。色が白く、シミができやすいので食べものや食材にも気をつけないと。。

  13. harumi_1128 より:

    曇りの日や、部屋の中にいるだけで、日焼けをすることを、初めて知りました。日焼け止めの選び方も、数字だけを気にして、+の部分は見ていなかったので、参考になりました。

  14. きなこ より:

    サングラスや洋服などのUV加工に寿命があることは知りませんでした。
    2〜3年ってけっこう短いのですね!
    私が使っているサングラスは1000円程度のものなので多分スプレー加工のほうだと思うので来年あたりには買い替えようと思います。

  15. nekononiwa より:

    紫外線の種類とそれにあった日焼け止め製品の選び方が分かりやすかったのと、紫外線を浴びてしまった後の対策が興味深くためになりました。早速実践したいと思います。

  16. カムジャタン より:

    太陽が出ている時は入念に日焼け止めを塗って外出していますが、曇りや雨の時はまあいいかと塗らずに出てしまいます。しかも、冬場は全くと言っていいほど紫外線対策をしてきませんでした。なので、いつも日焼け止めが余るため、翌年の春に残り物の日焼け止めをそのまま使う始末です。記事を読んで、目からうろこでした。自分が今までやってきた紫外線対策は、対策と呼べるほどのものじゃなかったんだと、改めて気付かされました。大変勉強になりました!

  17. cyacoco より:

    今年は、もう日焼けしてしまったので緊急対策「食事編」で対応したいと思います!来年の夏は、しっかり予防したいです。とっても、読み進めやすくためになりました。

  18. rokugatuneko より:

    単純にテキトーな日焼け止めを考えずに塗ってもダメなんですね。特に考え無く、数字が大きかったり+が多いものをとりあえず選んでました。
    しかも日焼け後に、肌に塗るもの(化粧水など)以外に食事でもケアができるなんて全然知りませんでした。
    これを機に自分の日焼け対策を見直して、今だけじゃなく将来の肌も守れるように気を付けたいと思います。

  19. mt816 より:

    今まで日焼け止めを選ぶ時SPFだけ見ていて、PAは気にしていませんでした。PAについて知れてよかったです。
    SPFの数値が高ければいいのだと思い、50をつけてはカサカサしていましたが、私の生活では50は必要ないことがよくわかりました。これからは自分に合った日焼け止めを選びます。

  20. mtb-1106 より:

    紫外線の種類についてよく分かりました。日焼け対策として塗るものだけでなく、食べ物も効果があることに驚きました。知らないことをたくさん知ることができて、大変勉強になりました。

  21. とまと より:

    天気予報をみて、夏限定で日差しが強い日や気温が高い日は日焼け止めを塗るようにしておりましたが、冬も危険なんですね。また、SPFは、今まではなんでも++の多いものを選んでおりましたし、50が良いと思っておりましたが、その表示にはきちんと理由があったなんてはじめて知りました。これからは、20.30などなど、用途別にしっかり使い分けできそうです

  22. yamemi より:

    ちょうど先日、山へハイキングに行って、首、腕あたりをしっかりと日焼けしてしまいました。ちゃんと日焼け止めを付けて、サングラスをして、対策はしていたつもりだったのに…
    もっと早くにこの記事を読んでおけばよかった(涙)
    とりあえず今からでも食事に気をつけて、すこしでもケアできるようがんばろうと思います!

  23. masy0954 より:

    日焼け止めによってシーン別に使用することは知りませんでした。私は主に夏から秋にしか日焼け止めを塗っていなかったので、冬場も肌への負担を避けるためにシーンに合った日焼け止めを塗っていこうと思いました。また、日傘やサングラスにも使用期間があることに驚きました。日頃から使用しているものなので、きちんと見直していこうと思います。

  24. akira より:

    紫外線アレルギーを持つ自分からすると、内容としては常識的な事ばかりかな…という気がしました(上から目線ですいません)。ただ、UVカット製品の効果が2~3年しかもたないというのは初耳でしたので、これからはまめに日傘や手袋などを買い替えようと思います。

  25. NatsukiS より:

    日焼けについて知らないことが多く、びっくりしました。SPFやPAのことが詳しく書かれてあって、とても参考になりました。用途や季節に合わせて、日焼け止めを使い分けていきたいとおもいました!

  26. ykyk2016 より:

    紫外線と日焼けのことについて少し甘く見ていた部分がありました。
    日焼け止めは日差しの強い日だけ丁寧につけていましたが、これからは弱い日でもこまめにつけようと思います。

  27. kaoakitake より:

    UV加工だからずっと安心ということではないんですね。買い替えが必要だとは…。勉強になりました。
    冬はついついさぼりがちになってしまうけど、きれいな肌を保つためにも日焼け対策しないといけないと改めて考えさせられました。

  28. より:

    日焼けした後には、ビタミンを摂るのがいいんですね!
    私は1歳の子がいて、ベビーカーで出掛けるのですが、片手運転は危ないので日傘がさせず、今年はだいぶ日焼けしてしまいました。
    フルーツでビタミンを補給しようと思います。

  29. erillie_h より:

    日焼けした後には、ビタミンを摂るのがいいんですね!
    私は1歳の子がいて、ベビーカーで出掛けるのですが、片手運転は危ないので日傘がさせず、今年はだいぶ日焼けしてしまいました。
    フルーツでビタミンを補給しようと思います。

  30. koron1969 より:

    日焼け止め対策は年中必要と分かっていても夏が過ぎてしまうとついついおろそかになってしまいます。
    最近は太陽の日差しが強いと言うより痛いと感じることがあります。
    日焼け対策の大切さを実感しました。

  31. JOYJOY より:

    今までSPFやPAは何のことか分からず、適当に日焼け止めを選んでいました。なるほど!こんな意味があったとは!今後の日焼け止め選びの参考になりました。食べ物で日焼けの緊急対策ができることも分かったので、秋冬も気を抜かずに日焼け対策できそうです。

  32. moym より:

    この記事を読んで、いつも自分が近所のスーパーに行くだけなのにネパールやチベット対応の対策をとっていたことを知って笑ってしまいました。SPFやPAについてきちんと理解できていなかったせいですね。
    UV加工に寿命があることも初めて知りました。アームカバーを買い換えないと。勉強になりました。

  33. tomone16 より:

    日焼け後の効果って、クリーム塗ったりサングラスやUV加工の服装だけでなく食事でも効果があるって事を知りました。

  34. hirolvuhappiness0523 より:

    学生時代から記事にあるような内容を意識して紫外線対策をしていたので、30代目前ですが機械で測ってもらったらかなりの美白という結果が!最近は子育てのせいもあり紫外線対策が疎かになっているので気をつけたいです。

  35. masu3132 より:

    ただ単にSPAの数値が高いものを選ぶのではなく、生活シーンによって適した日焼け止めを使うという点が新たに知ることができてよかったです。日焼け止めなど外側からの対策は気を付けているが今後は食べ物など内面からも日焼け対策として気を付けていきたいです。

  36. vitti_m14 より:

    日焼け止めについて詳しく知ることができました。ビタミンCも摂取する時間帯が大切なんですね。
    少しでもきれいでいられるよう紫外線には気をつけたいものです。

  37. yasu-sou より:

    自分なりにはしっかり対策していたと思っていましたが、知らなかった事が結構ありました。柑橘、きゅうりに紫外線を吸収する成分が入ってたとは・・・

  38. Kianoah より:

    日焼け止めにも選び方があるのを初めて知りました。
    色んな用途に合わせて選ぶことも大事なんだなと、すごく勉強になりました。
    冬場は肌の露出が少ないので油断していましたが、これからは季節が変わっても、きちんと対策していこうと思いました。

  39. Oggy2012 より:

    食事と紫外線って意外と関係があるものなのですね。勉強になりました。
    基本季節に関係なく、紫外線対策はしているのですが見直しの必要がありそうです。
    驚いたのは、UV加工製品に寿命があること。
    急いで買い換えないといけないです!!!

  40. katoppo0802 より:

    今まで深く考えずに日焼け止めを買っていましたが、これからはしっかり考えて買うことにしようと思います。

  41. loveholic119 より:

    今まで日焼け止めは面倒で使っていませんでした。 この記事を読んで反省しています。家に頂き物のウォータープルフのあるので今からでも早速使ってみようと思います。2,3時間おきに塗るのも忘れないようにします。

コメントを残す

*

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【必見】整形いらず!!目を1.5倍大きくする錯覚アイメイク方法♡

  • 大人ニキビと決別!?スキンケアに取り入れたいニキビケアアイテム

  • 善玉菌を増やして美肌と健康を手に入れる!!おすすめ善玉菌サプリ

  • 濃いメイクは男性から敬遠される?男性ウケの良いメイク法をご紹介♡

関連記事

  • カラコンなしでも黒目強調! ナチュラルで盛れる裸眼メイクまとめ♡

  • 唇のケア、ちゃんとしてる? 思わずキスしたくなる、ふっくら艶リップの作り方♡

  • 優秀すぎるプチプラ化粧落としランキングTOP10まとめ♡

  • 一重だからこそ可愛い!ぱっちり目にするメイク術♡

  • 決定版!短期間で肌を確実にきれいにする方法♡-食生活編-

  • イガリシノブ、ダレノガレ明美さんオススメのキャンメイクリップ♡